スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った子供と親

長い間更新できませんでした。

最近、子供たちに(特に5歳から小1くらい)にテニスを教えるがしんどくなってしまいました。

言うことを全然聞かない、勝手に動き回る、反抗するなどなど。

うちのクラブでは、キッズ、ジュニアに対しては甘やかさないようにしています。
なので商売抜きで注意したり、叱ったりします。
たとえ、親が文句を言って来てもひきません。

その点では商売抜きでしっかり怒ります。
怒ることで辞めてもらっても構いません。

親がしつけできていない分、テニスを習いに来ている時間だけはしっかりしつけます。
それにまじめに練習している他の子達の迷惑になりますので。

ただ、毎回毎回怒っているとホント疲れます。

こんな子供たちを毎日見ている親たちはもっとつかれているのでしょうが…。

しかし、こんな子供たちの親を見てみると…
結構、親も変だったりします。

この親に育てられたからこういう子が出来たんだな~って納得してしまいます。
昔から三つ子の魂百までといいますが、
ほんとにそうだと思います。

しつけは、三歳までが勝負です。


ラフィネ クリアソープ
花粉症|花粉症の傾向と対策
加齢臭とは|渋柿石けんと加齢臭対策
よか石けんをつかってみんしゃい
レーシックを知ろう☆レーシックの話あれこれ

スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キッズテニス しつけ ジュニア テニス

今年もキッズとジュニアとあ頑張るぞ!

今年も始まりました。

久しぶりに自宅でゆっくり…と思っていたのですがネットで色々と勉強をしています。

今年は、どのようにしてキッズやジュニアテニスを教えたらいいか考え中です。

特にキッズですね。

これからテニスをどんどん好きになるのか、親からしなさいと言われてイヤイヤやっていくのか。

基本的に子供たちは、テニスが好きです。

打ち方がめちゃくちゃでもボールがコートに入らなくてもレッスン後は満足して帰っていきます。

これが少し大きくなると練習は嫌だとかきついとかブチブチ文句を言ってきます。
そのくせ、上のクラスに上がれないとまた文句を言ったり練習中ダラダラしたりします。

当然、そういったジュニアに対しては怒り飛ばします。
ぞういう態度の子たちは、絶対に上のクラスには上げません。

逆にやる気がある子、練習を一生懸命やる子、ボールを一生懸命集める子はある程度レベルが低くても上のクラスにあげます。

問題は、そこのところがわからない子。なんとなくでもいいのでわかればいいのですが分からない子が多すぎます。

そしてわからない子の親もわかっていない人が多いですね。
子供達が練習しているところは見もせず、子供が親に訴えることだけを鵜呑みにして、
コーチたちに文句を言ってくる。

ここまで来るともう問題外ですね。

子供の練習態度も見ずに文句だけ言う。話になりません。

ジュニアくらいまでは、楽しく元気にテニスができればいいと思っています。
レベルは、さておき。
上手くなりたいと思う子は、自ら育成クラスに行きたいからと自分で練習を始めます。
レッスン中の態度もかなり変わってきます。

そうじゃない子は、楽しんでやる、趣味としてやる大いに結構なことです。

ただ、他の子たちに迷惑をかけるようなやる気がない子供や上のクラスに上がることだけを目指す親たちだけはお断りしたいですね。

これができない子や親は、テニスが面白くないからとやめて、他の事をはじめても結局同じ結果になると思います。

ということで内容がめちゃくちゃになってしまいましたが、今年も頑張ってキッズやジュニアと向き合っていきたいと思います。



ダイエットのまとめ
加齢臭とは~加齢臭対策
「つかってみんしゃいよか石けん」をつかってみんしゃい

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

tag : キッズテニス ジュニア テニス クラス

どうしようもない子

キッズテニス 小学2年生男。Y君。

この男かなりの曲者である。

日曜日のキッズクラス中で1番年上にも関わらず、一番言うことを聞かない、ふざける、あー言えばこう言う。
ホントにどうしようもない子である。

キッズの中には、言うことを聞かない子がいるのはいるのだが、このY君だけはどうしようもない。

あまりにもふざけるので1回泣く寸前まで怒ったことがあります。

「お前がいたら、小さい子たちの練習の邪魔になる。やりたくないなら来なくていい。よく考えろ!」とみんなの前で怒りました。

さすがにその日はおとなしかったのですが、翌週には何もなかったようにレッスンにきていました。

さて、練習態度が変わったかなのと楽しみにしていたのですが全然変わっていない。

しかも、その子の親も何も言わない。

ここまで甘やかされて育てられた子は将来どうなるのかなと心配になります。

最近は、子供を怒れない親が多いみたいですね。

甘やかせて育てるとその子の将来がどんなことになるのかわかっていないのでしょうね。

困った親が多くて困ります。

次回は、テニスクラブに子供を預けっ放しで子供の練習中の態度も見ずにクラスがなかなか上がらないという親について話したいと思います。




加齢臭とは~加齢臭対策
不安神経症(パニック障害)と共に
流行ものブログ
ひとこと言いたい、このニュース!
スポーツなんでもニュース

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

tag : キッズテニス 怒れない親

週に一度の休み~

今日は、お休み~。

キッズにテニスを教えるのは楽しいけど1週間に1度くらいは休まないとストレスがたまります。

毎日、子育てに奮闘しているお母さんたちの気持ちがわかります。少しだけですが。

それにしても、毎日あれだけ騒がれたら本当に大変ですね。

泣いたり、笑ったり、怒ったり…。彼らは本当に忙しいです。

まあ、それが彼らにとっては仕事なんですけどね。

でも、わかっているんだけどあまりにもひどいと少しイラッとするときもありますよね。

キッズテニスでは、教えている間だけガマンすればいいけどお母さんたちはそうはいきませんよね。

ほんとにお母さんは強いです。

キッズテニスをしている時間だけでもゆっくりしてくださいね。




加齢臭とは~加齢臭対策

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キッズテニス 子育て お母さん お休み

本日のキッズテニスの出来事


いや~疲れました。

只今、キッズのレッスンを終えてスタッフルームに戻ってきました。

何が疲れるって、一番気を遣うのはまずケガをさせないこと。

これは、何度も何度も子供たちに話して注意をさせます。

でも聞いてすぐ忘れてしまいますけどね。

ラケットが当たるとかなり痛いですからね。

痛いだけで済めばいいけどケガをされると大変です。

しかし、たまには痛い目にあうというのも大切なことですね。

痛みが分からない子は、平気でラケットで人を叩いたりしますからね。

もう、ラケットで叩いた子を見たら、泣くくらいまで怒りますね。

テニスの練習で打てない、できないと言うことより、人の痛みが分からない子に関してはメガトン級のげんこつを落とします。

勿論、本当のげんこつではなく言葉で叱ります。

こういったことの繰り返しで学習する子は、二度と同じことをしないのですが、

一番困るのは、何回でも繰り返し同じことをやってしまうということです。

何回言ってもわかりません。

園児ならまだ許せますが、これが小学生だったらホントに泣くまで説教します。

理解してくれるかどうか分かりませんが。
でも親が叱らない以上、コーチとして怒るしかありませんからね。



ひとこと言いたいニュース
不安神経症と共に
加齢臭とは
流行ものブログ
スポーツなんでもニュース

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

tag : テニス キッズテニス ラケット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。